カテゴリー
 
2018年12月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

益城町訪問

錦ヶ丘教会訪問後、益城町総合運動公園を訪れた。

熊本YMCAが避難所の中心的な運営を担っている。
県道28号線を通って、益城町に入る。

次第に倒壊した家が増えてきた。跡形をとどめないほどに破壊されたある家の前には、菊の花が備えられていた。

熊本YMCAの神保局長曰く、地震発生直後は、普段5分で行けるところが瓦礫にふさがれて、その7倍以上かかったそうだ。

住民の避難所となっている益城町総合運動公園に着いたのは、夕方だった。

屋外で働いていたボランティアの皆さんが次々と帰還してくる。

凹凸だらけの駐車場には、避難者の方々がつくる長い列。列の先には、食事を準備するボランティアの皆さんがいた。

車を停められる駐車場を見ると、車をとめる枠内にそれぞれ、ペットボトルや自転車、バケツに漬けた鍋といったものが置いてある。

放置されているわけではない。避難所の入り口には「乗用車で快適に眠る方法」というプリントが貼られていた。

誰もが非常に忙しい時間帯であったため、受付にいらっしゃったYMCAのスタッフにご挨拶だけして失礼した。

報告 望月麻生

Comments are closed.